HOME>コラム>子どもに寄り添う放課後等デイサービス【学びの場として活用する】

子どもに寄り添う放課後等デイサービス【学びの場として活用する】

子供

遊びながら学べる

放課後等デイサービスとは、就学している障害を持った子供たちが、放課後や長期の休暇中に通える施設です。2012年の児童福祉改正法により各地に作られたもので、宇都宮にもあります。就学中の健常児の学童保育にあたるものと考えて良いでしょう。小中高の学校に通っていることが条件で、療育手帳や障害手帳がなくても、専門家の意見書等があれば通うことができます。それぞれの施設により特徴があり、大きく分けると3つのタイプに分かれます。1つは習い事が出来るタイプで、楽器の演奏やスポーツや絵画などを遊びながら学べます。また、パソコンなど就労に役立つような習い事もあります。2つめは一般の学童保育のように、遊んだり宿題をしたりと自由に過ごすことができます。3つめは専門的な療育を行う施設で、行動やコミュニケーションなどそれぞれの子供に合わせた療育プログラムを行います。子供の発達や障害の状況に合わせて施設を選べるので便利ですし、何よりも子供が実際に通って楽しめるところを選択できるというメリットも大きいと思います。

子供

自己負担額は1割程度

放課後等デイサービスのスタッフは、保育士または児童指導員と児童発達支援管理責任者などで構成されています。児童発達支援管理責任者は研修を受けて自治体から資格を付与されており、デイサービスに通う子供たちの個別支援計画を作成し、適切なサポートをします。それぞれが専門家なので安心して任せることができ、デイサービス中は子供だけではなく、家族もリフレッシュの時間を作ることができるでしょう。宇都宮はもちろん、全国の放課後等デイサービスは障害児通所給付金の対象なので、1割の自己負担でサービスを受けることができます。前年度の所得額により負担の上限が決まっているので、一定額以上の負担にはなりません。障害があったり発達に問題があったりすると、子供も親も日頃から大きなストレスを抱え込みがちになります。そんな時に学校以外にも受け止めてくれる場所があるということは、とても心強いと思います。専門のスタッフから様々な助言を受けることができるのも、子供の将来にとって大きな助けとなるでしょう。

広告募集中