有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、民間企業が運営する高齢者のための入所施設です。掃除・洗濯や入浴介護・排泄介護などを提供する「介護付」のタイプと、食事・洗濯・買い物などを支援する「住宅型」のタイプ、そして、家事や食事などのサポートをする「健康型」のタイプの三種類があります。

老人ホームの選び方

有料老人ホームを選ぶときは、入所予定者が自立している方なのか、要支援なのか、要介護なのかをまず確認します。その区別によって、入所を検討する老人ホームが変わってくるからです。自立しているのであれば、「介護付」「住宅型」「健康型」のいずれも可能ですが、要支援や要介護なら「介護付」や「住宅型」が適しています。

自立状態の方を対象にしている老人ホームの種類

男女

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームには介護専用型と混合型があり、混合型ならば自立状態の方も入居することができます。その施設に勤務するスタッフが24時間体制で入浴や排せつの介護サービスをするほか、機能訓練、身の周りの世話、レクリエーションなども行います。終の棲家として利用されます。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、食事・掃除・買い物・レクリエーション・緊急時対応などのサービスを提供します。この施設のスタッフは介護サービスを行わないため、介護が必要な場合は外部の事業者と契約します。居宅介護支援事業所や訪問介護事業所などが隣接されていることもあります。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、自立した健康な方が対象の老人ホームです。食事や家事などの支援を受けられます。健康維持や余暇を楽しむためジムやシアタールームを備えたところもあります。自立状態の方の施設のため、介護が必要になると退去が必要です。介護付有料老人ホームなどを併設している施設もあります。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、バリアフリーに対応した住宅です。介護付有料老人ホームとは違い、終身利用ではなく賃貸住宅です。「サ高住」とも呼ばれます。掃除・買い物などの支援のほか、生活相談や安否確認などのサービスも行っています。介護サービスが必要な場合は、外部の事業者と契約します。

有料老人ホームに入居しよう【生活サポートを受ける】

介護士と男性

サービス内容をチェックしておこう

「介護付」「住宅型」「健康型」それぞれの有料老人ホームで共通して受けられるサービスは、食事と緊急時対応のサービスです。介護サービスを行うのは介護付有料老人ホームのみです。住宅型で介護サービスが必要なら、外部サービスを利用します。健康型は自立状態の方向けの施設のため、生活を楽しむ設備やイベントが多く用意されています。サービス付き高齢者向け住宅では、職員が定期的に安否確認に訪れたり、生活相談員が病院への付き添いなどの生活サポートを行います。

広告募集中